私達夫婦の新築の家

「街の弁護士さん」と言われる司法書士

弁護士は都市部に集中していて、地方では相談するのが難しいというのが実情です。そこで出番となるのが「街の弁護士さん」と言われる司法書士ですが、弁護士との違いを改めて聞かれて答えられる人は多くないでしょう。弁護士は司法試験に合格しなければなりませんが、司法書士は法務省が実施する司法書士試験に合格することが必要です。司法試験も難関であることが知られていますが、この司法書士試験も毎年の合格率が高くて3%ちょっと、という狭き門です。しかし、この試験は法務省の実施であり、司法書士は法務省の監督下にある、という点が弁護士とは大きく異なります。つまり、行政から介入される可能性があるなど、独立した存在ではないのです。このため、法律業務に制限がない弁護士に比べると、弁理士、税理士、行政書士が行う業務は行うことができません。また、債務整理などの民事事件も140万円の事案に制限されていて、その業務も法務省で一定の研修・考査を受けた認定司法書士でなければ業務として認められていません。行政書士は弁護士に比べて身近な存在ですが、相談内容が適しているかもきちんと話し合って、適切な専門家に相談したいものです。
不明確な点がありましたら群馬 司法書士がおススメです。