私達夫婦の新築の家

介護施設の食事

入居高齢者にとって、1日のうち、食事がお楽しみの大部分と言っても過言ではありません。
不明確な点がありましたら新宮市 介護がおススメです。
生命維持のため以上なものが食事にはあります。
お早目に新宮市 デイサービスはどうでしょうか?

 

介護施設で提供される食事形態は、さすがに一汁一菜というわけにはいきません。
どうすればいいかわからない場合は新宮市 訪問介護へ行ってみましょう。
多くの介護施設では「ご飯、お味噌汁、主菜、副菜2品」を基本形態としています。入居高齢者に食事を楽しんでいただこうと、「ご飯、お味噌汁、主菜、副菜2品」という形態に収束してきたものと思われます。
それぞれ主菜、副菜2品はそれほど多くなくてよいのです。品数が多くて、量は適量(それほど多くは召し上がれません)というのが喜ばれます。
気づかれた場合は新宮市 リハビリをお奨めします。

 

しかしこの「ご飯、お味噌汁、主菜、副菜2品」という基本形態が続くと、飽きてしまいます。介護施設の食事の基本形態なのにです。そういう時には、うどんやラーメンのような麺料理や、カレーやシチューのようなメニューを挟むのもいいです。普段とは考えられない量をお召し上がりいただく入居高齢者も出てきます。たこ焼きやお好み焼きなどの粉ものもいいです。

 

介護施設の食事は、「ご飯、お味噌汁、主菜、副菜2品」という基本形態を維持しながらも、たまにはバリエーションを入れるのがお勧めです。
緊急を要する場合は新宮市 老人ホームで解決してみましょう。